2005年09月30日

04-05バイエルンミュンヘン 選手実使用 トラックスーツ

今回は04-05バイエルンミュンヘン 選手実使用トラックスーツ
です。

先シーズン中に使用されたトラックスーツです。
落ち着いた感じのカラーリングですので、かなり
着やすいと思います。バイエルンらしさは、脇の赤色
部分で主張しています。このような、さり気なさが良い感じです。
スポンサーのT-comは御馴染みですが、こちらのスポンサー付は
市販されていません。

全身赤色も良いですが、この位のカラーで収まっていますと
割と気軽に着れそうです。

 


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

選手の着用画像はここからです
posted by pndwithb at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ザネッティ選手のPUPI財団のオフィシャル・リストバンド


 今回はインテルに所属し、アルゼンチン代表としても活躍する
ザネッティ選手が設立した、
PUPI財団のオフィシャル・ リストバンドです。

 このカラーリングはアルゼンチンをイメージしている
と思われます。

PUPIとはFundación por un piberío integradoの略称
らしいのですがザネッティ選手の愛称でもあるようです。

自ら着用したユニホームやこのリストバンドの売上資金
アルゼンチンに置ける恵まれない子供達への慈善事業の
活動資金としています。

このリストバンドにはPOR UNA SONRISA
(笑顔のために)と、子供たちへの想いをつづっています。

このザネッティ選手のPUPI財団は、アルゼンチンのみならず
ヨーロッパでも広く知られております。
このリストバンドはインテルやアルゼンチン代表選手達も
練習や試合に着用するに留まらずマラドーナ・
ボカのマクリ会長を始めとした著名人にも大きく支持され着用されています。

 

★現在、このリストバンドをヤフオクに出品させて頂いて
おりますが、画像からでは判り難いので説明させて頂きます。

このPUPI財団は2種類・2サイズがございます。
ただ、一覧画像だけでは、どれがどれだか判らないと思います。
(出品してみてから、気が付きました。すみません)

ということで、タイトルからご判断いただくのが
一番判り易いと思います。
一応、以下の通りに分類させて頂いております。
こちらからご覧下さい。

K数字=刻印タイプでL(周径20cm)サイズ
KM数字=刻印タイプでM(周径18cm)サイズ
P=プリントタイプでL(周径20cm)サイズ
PM=プリントタイプでM(周径18cm)サイズ

※こちらが刻印タイプです。

※こちらが、プリントタイプです。

この手のリストバンドは数多く出ていますが、
このリストバンドには、イラストのみならず、
色使いなど「可愛らしさ」もあり好デザインだと思います。
もし宜しければ、こちらからもどうぞ。

 


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

posted by pndwithb at 19:00| Comment(3) | TrackBack(1) | アルゼンチン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

2005バンフィエルド(A)コパ・リベルタドーレス杯仕様 Banfield Libertadores Cup

今回は2005バンフィエルド(A)コパ・リベルタドーレス杯仕様です。

こちらのユニホームは以前にも紹介させて頂きました、こちら
アウェイ・モデルとなります。

ご覧の通りの目の前が、クラクラしてしまいそうな位鮮やかな
ユニホームです。今期の05バルセロナのアウェイも蛍光イエローを
採用し、とても鮮やかですが、このユニホームはそれをも超えて
いると思います。

白・紺・黒・グレイ等の落ち着いたカラーのユニホームも
良いのですが、時にはガツンと来る位に衝撃的なカラーリングも
有りかと・・。本当に目が覚めます(笑)。

このオレンジ×グリーンというのは、「みかん」っぽいカラーの組合せで
とてもマッチしてます。ただ派手というだけの、嫌味が無いのも
その為でしょう。

更に、このクラブのテーマカラーはグリーンですが、それを上手く
処理した結果がコレなんでしょう。こうしたチャレンンジングな
試みも必要ですね。時には

 


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きの画像もご覧下さい
posted by pndwithb at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

2003サントス(H)♯19ネネ選手 実使用 リベルタドーレス杯 Santos NENE worn

今回は2003サントス(H)♯19ネネ選手実使用 リベルタドーレス杯です。

現在、今期よりリーガの一部に上がったアラベスに在籍している
ネネ選手がリベルタドーレス杯にて、実際に着用したユニホームです。
洗濯はされていますが、所々に芝等のシミが残っており
激闘の後が伺えます。

ユニホームとしては、こちらのホームとなります。
リベルタドーレス杯仕様ですので、前面にもナンバーが付き
背中にはネームが入ります。
また袖のスポンサー(VARIG航空) 付きの市販はされていません。

このユニホームにつきましても、文句はありません。
UMBRO=サントスのユニホームのデザインは最高水準に
あると思います(あくまで個人的嗜好です) MH 。


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きの画像もご覧下さい
posted by pndwithb at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

99-00バイエルン(H)♯11エッフェンベルグ実使用 bayern Effenberg worn

今回は99-00バイエルン(H)♯11エッフェンベルグ選手実使用です。

エッフェンベルグ選手(Stefan Effenberg)は、90年代ドイツの
生んだ最高のストライカーとして称えられた天才選手の一人。
バイエルンには、1990-1992と1998-2002と2度在籍しています。
中でも1998-2002には、リーグ3連覇25年振りのチャンピオンズリーグ
制覇に大きく貢献しバイエルンのクラブ史に大きな足跡を残しました。

一方、彼の言動・行動からくる悪童振りは、常にマスコミの標的と
なり、大きな話題を振りまきました。これは、マラドーナ・ロマーリオ等と
同じく、プレイヤーとしては文句なく一流、でも人間的な資質は
???というパターンですね。
でも、往々にしてこうした選手は、そのマイナス面すら「強烈な個性」
という名の元に、大きな魅力となっています。
個人的には、こうした選手は好きですね。

ユニホームとしては、選手支給品の証であるエキップメント・タグ
が付けられコレクター的に満足度が高いです。また襟付きの
オーソドックスなモデルとしての魅力も感じさせます。
このバイエルン専用色である「レッド」と「ネイビー」のカラーリングも
バランス良くまとまった好配色です。

またチャンピオンズリーグで着用されましたので、背中にはクラブ名は
無く、ネームとナンバーというシンプルさです。この頃のマーキングは
機能的には現行モデルに劣りますが、選手用ならではの、拘りが垣間見られ
コレクター的には、満足度が高い仕上がりです。

ユニホーム的にも満足度が高く、バイエルンとしても絶頂期を迎え、
数々のタイトルを獲得した時期として、 印象深い一着と言えるでしょう。

現在19位と少しランクダウンです。
引き続き応援宜しくお願いします!

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きの画像もご覧下さい
posted by pndwithb at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

04-05日本代表(H) 選手支給品・長袖

今回は04-05日本代表(H) 選手支給品・長袖です。

このユニホームは以前にも、こちらで紹介させて
頂いております。ですが、以前のものはこのサイト
に掲載することを、前提として撮影していなかった
ものですから、再度紹介させて頂きます。

もう御馴染みすぎる、この日本代表のユニホームですが
長袖のクライマクールは市販されていません。
(前にも同じ事、言ってるね)
つまり、選手達が着る為だけに準備されたユニホームです。

まぁ、このままでも充分に楽しめますが、素のモデル
ですので、ここの好きな選手のマーキングを施すことも
可能だったりします。

今回、改めてこのユニホームを見た訳ですが、他のチームの
物に比べても、とても格好良いと思います。ストライプを
濃淡だけで表現するあたりは、良いアイデアかと。

また生地の質感も、他のadidasの選手支給品モデルと比べても
断然に優れています。例えると他のものが「さらっと」した
感じに比べ、少し「しっとり」とした感じです。
袖の3本線も、少しネバっとした感じで、これは以前ココ
紹介させて頂いた記事をご参照下さい。

縫製についても文句のつけようがありません。
そこはやはり、adidas唯一の日本製と言う事でしょう。

またこの長袖の部分はアルゼンチン代表等は半分下は袖口まで
メッシュになっているのに対して、この日本代表は通常の
生地です。
その代わり、脇部分からサイドにかけては、かなり細かいメッシュ
生地です。この辺りは、半袖では表現されていない部分ですので
満足感が高いと言えると思います。

最近のユニホームの中では、最も完成度が高いユニホームの
一つと言っても過言ではないでしょう。


 


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ続き画像がありますよ!
posted by pndwithb at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

02-03バイエルンミュンヘン 選手実使用 トラックスーツ

今回は02-03バイエルン・ミュンヘン 選手実使用トラックスーツです。

このトラックスーツは、バイエルン以外にもドイツ代表や他の様々な
adidasユーザー・チームに供給されましたのでご存知の方も多いと
思います。

プレゼンテーションスーツ(移動着)と異なり、実際の練習にも
使われることを想定し、選手の体の動きの邪魔にならないような
工夫が施されています。トップスは若干タイトな感じで
パンツは、太もも辺りから足首にかけて少しづつ絞りこまれる
ようなデザインです。

選手に支給されるスーツですので、このシーズンからのスポンサー
「T-Mobile」のロゴ付き、カラーもユニホームと同じボルドーが
メインとなっています。

 


このサイトは皆様の励ましを支えに運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

バイエルンの選手達の練習風景はこちらです
posted by pndwithb at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

96ドイツ代表 選手実使用トレーニング

今回は96ドイツ代表 選手実使用トレーニングです。

このウェアは、イングランドで行われたユーロ96に
向けて発表されました。ただ使われたのはそれ以後の
ワールドカップ予選等でのようです。

この頃に活躍した選手達(クリンスマンやビアホフ)らが
現ドイツ代表の中心スタッフになっています。
(時代を感じさせます)

このウェア自体は、実際に選手が着用したものです。

胸に鎮座するのは、ドイツ代表のスポンサーである
メルセデスベンツです。この会社も、ある意味、ドイツの
象徴でもありますので、ドイツ代表のウェアに付くのは
とても相応しいと思います。

また、何故かドイツ代表は、トレーニングウェアに
ユニホームを使っています。これも、ユニホームと同じで
違いは、見た目の部分のみです。
何故なんでしょう?これも、これから調べてみたいです。


このサイトは皆様の励ましを支えに運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

05バイエルンミュンヘン 2冠(リーグ優勝とカップ戦優勝)獲得記念Tシャツ

今回は、05バイエルンミュンヘン 2冠(リーグ優勝とカップ戦優勝)獲得記念Tシャツです。

バイエルンにとって、04-05シーズンは、リーグとカップ戦と
2つのタイトルを獲得しましたが、このTシャツはそれを記念して
作られました。

記念と言いましても、2005年5月28日のシャルケ04とのドイツカップ決勝で
優勝を決めた後の表彰式や記念パーティの際に着用されただけです。
ですので、仮にこの試合に負けていれば、このTシャツは日の目を
見なかったことになります。優勝を決めて良かったです(笑)。

このTシャツ自体は、そのパーティの際に、実際に選手が着ていた物です。

このTシャツですが、スポンサー付は市販されていません。
(T−COMもですが、左袖に付いているアウディのロゴも
良い感じです)

また、このTシャツには、今期物のadidasの選手支給品の
専用タグも襟には付いており、レプリカとは別ラインで
製造されたことが証明されています。

ここまでするとは本当にadidasはバイエルン対しては、
特別待遇ですね。

このサイトは皆様の励ましを支えに運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

こちらには、バラック選手が着ている画像がありますよ!
posted by pndwithb at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

03-04サントス(A)選手支給品

今回は03-04サントス(A)選手支給品です。

このシーズンのサントスは、ロビーニョ・ジエゴを
擁し、旋風を巻き起こしました。惜しくも、リベルタドーレス杯の
決勝では、ボカジュニアーズに負け、トヨタカップへの出場には
至りませんでしたが、とてもスペクタルな展開を見せてくれました。

サントスのユニホームは白一色のホームも魅力ですが、白×黒の
このアウェイも締まった印象で、際立っています。
スポンサーのBOMBRILは、 ブラジル洗剤メーカーであり
赤色のロゴが印象的です。

また、このユニホームは選手支給品の為、レプリカと違い前面には
スペース加工した上から、少し光沢のある素材のマーキングが
施され、背中も同様の仕様です。長袖の市販が無いのも魅力の
一つと言えるでしょう。

メーカーはUMBROですので、文句の無い秀逸なデザインです。
このメーカーは、サッカーユニホームが好きな物にしてみれば
痒い所に手が届くといいますか、安心感があります。

最近のUMBROは、ブラジル・アルゼンチンのクラブに積極的に
進出していますが、個人的には嬉しいです。
これからも要注目です。

 

このサイトは皆様の励ましを支えに運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

05-06バイエルンミュンヘン(H)ジャパンツアー選手支給品
Bayern special shirts for Japan Tour .Match issue

 今回は05-06バイエルンミュンヘン(H)ジャパンツアー選手支給品です。

 2005年7月28日(FC東京戦)・29日(ジュビロ磐田戦)と2日間に
渡り、その実力を発揮してくれたバイエルンミュンヘンの選手に
実際に支給されたユニホームです。

このユニホームの最大の特徴は、何といっても胸の日独の友好を記す
国旗が付いている点です。これは、今回の来日ツアー専用の
仕様で本国の試合では登場しません。

これについては、ルムメニゲ会長も以下のように述べています。

「日本のファンへの秘密のメッセージを入れた特別なユニホームで戦う」http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jul/o20050702_90.htm

と言った次第のユニホームです。

 恐らく、このサイトをご覧頂いている方にも、この試合をご覧に
なられた方は多いかと思いますが、本番さながらのバイエルンの選手達のプレーに
感動を覚えられた方も多いのではないでしょうか?
この時期には、沢山のヨーロッパのクラブが来たわけですが、
「中心選手がいない」・「コンディションが悪い」・「集金目的があきらか」etc
と言われる中で、唯一最初からフルメンバーでしかも本番さながらの
試合を見せてくれたのが、このバイエルンだったと思います。

これは素直に嬉しかったですよ。
これぞ、名門クラブと言った感じですね。
いや、本当に「来年も来てね」と思っとります。

 


このサイトは皆様の心の支えで運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

続きはこちら
posted by pndwithb at 20:44| Comment(1) | TrackBack(1) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

05ラヌース GKシャツ BOSSIO(ボッシオ)選手実使用

 今回は05ラヌース GKシャツ BOSSIO(ボッシオ)選手実使用です。

 このユニホームは2005年7月3日のオリンポ戦にて、ボッシオ選手によって
着用され、背中には彼のサインが入っています。
ボッシオ選手ですが、かつてはアルゼンチン代表のGKとして
プレーし、1999年から2004年にかけて、ポルトガルのベンフィカにも
所属しておりました。

 このGKシャツですが、身長が194cmもあるボッシオ選手に合わせて
作られていますので、サイズはXXLです。
もちろん、こんなサイズのユニホームは市販されておらず、
ボッシオ選手への特別注文品です。
※ラヌースのGKシャツ自体が、市販されていなかったりしますが。

 このラヌースには、スポンサーが付いているのですが、何故かこの
GKシャツには、スポンサー名が入っておりません。
理由はあるはずですが、南米のクラブでは、GKだけ違うメーカーの
ユニホームを着ていたりとその辺りのルールは曖昧だったりします。
※かつて、チラベルトなんかは、よく個人スポンサーのものを
着用してましたね。

 黒一色ということで、とてもシンプルなんですが、よく見ると
Mitreのロゴが織り込まれています。また、背番号のマーキングも
選手支給品にありがちな、染料を染込ませた感じのもので
裏側まで染み出しています。

 このラヌースというクラブですが、アルゼンチン・リーグにおいては
ボカやリーベルのように、輝かしい戦歴を持つクラブではありません。
しかし設立は1915年と古く、既に90年以上の歴史を有しています。
こうしたクラブが、輝かしいアルゼンチンサッカーの歴史を支えてきたと
言えるかもしれませんね。


このサイトは皆様の心の支えで運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

選手の着用画像はここからです
posted by pndwithb at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

04-05バレンシア(H)♯21アイマール 選手支給用

今回は04-05バレンシア(H)♯21アイマール 選手支給用です。

アイマール選手につきましては、今や説明不要の偉大なる
アルゼンチン人・プレイヤーです。兎に角、来年のワールドカップまで、怪我無くコンディションをキープしてほしいです。

ユニホーム的には、このバレンシアの選手支給用と言うのは
以前にもこちらで紹介させて頂いた、こちらのブラジル代表
同じベースモデルとなります。
 つまり、ナイキ・ロゴや胸のバレンシアのマークは薄い
プラスティック素材の圧着となります(レプリカは刺繍)。
このユイホームは、軽量化の為に、縫製の糸すら省く為
テープの貼り付けとなっており、コダワリが感じられる
つくりです。


!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

アイマール選手の着用画像はこちらです
posted by pndwithb at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

マラドーナ ミニ写真集ーいつもマラドーナの感動をお手元に

今回はマラドーナのミニ写真集です.

でも、これはタダの写真集ではありません。
(って、普通こんなもんまで作るか?と
思わず言わずにいられない逸品です 笑)

!おひとり、おひとつのクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

続きはこちらです。
posted by pndwithb at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

2004グラアニ 50周年記念ユニホーム

今回は2004グラアニ 50周年記念ユニホームです。

グラアニといいますと、かつて福田健二(元FC東京・名古屋グランパス)選手が
所属していたパラグアイのクラブをご記憶の方も多いかと思いますが
今回は、ブラジルのグラアニです。
公式サイトはここです。

日本人的感覚すると、まずありえないゴールド&グリーンの
組合せはある意味凄いなぁと。
このユニホームは市販されたので、「このカラーリングは
売れるぜ!」と思い企画されたのだと思います(本当か 笑)。
同じゴールドを使っても、こちらの方が良いという意見が多いのでは?

ブラジル人的にはどうなんだろうと、考えますね。

もちろん、クラブ的に歴史的な意味のある組合せかもしれませんよ。
(でも、同時期に販売されたもう一つの記念ユニがシルバー&グリーンと
はたまた、絶妙?な組合せでしたので、その線は薄いかと)

国や民族によって美的センスは違うわけですが、
このようなカラーリングが良いと思う人たちがいるわけですから
面白いです。

サッカーのユニホームというのは、ある意味その地域や国、民族、自然の
象徴だと思うのです。特に伝統あるクラブはそうでしょうね。
そうした発露として、ユニホームを見るとまた楽しいのです
(少なくとも僕は)。

だから、こうした「クセ」があるユニホームと対面すると、
それだけでとても嬉しいのです。いい意味での「裏切り行為」だね。

本当に世界って広いですよ。

※ちなみに、このクラブのホームは、 こんな感じでアマゾンを象徴する
ようなグリーンでとても美しいですよ。

 

皆さまの応援、よろしくお願いします

!おひとり、おひとつのクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

画像はつづきます
posted by pndwithb at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

1995フラメンゴ(H)ロマーリオ在籍時

今回は1995フラメンゴ(H)ロマーリオ在籍時です。

このシーズンは、バルサを引き上げてきた
ロマーリオが最初にプレーしたシーズンになります。

様々な話題を振りまく彼の人間性については、
賛否両論でしょうが彼のプレーには文句の付けようもなく、
実に魅力的な選手の一人だと思います。
(こうゆう感じは、マラドーナと似てます)

このユニホームも、フラメンゴ伝統の赤と黒。
UMBROで、襟付きというユニホームのデザインとしては
とても完成度が高いです。
またこの時代の南米ユニによく見られた、少し大きめのロゴが
なんとも言えず好みです。

 

!おひとり、おひとつのクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

posted by pndwithb at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

05リバープレート(2nd)♯17コスタンソ選手実使用

今回は、05リバープレート(2nd)♯17コスタンソ選手実使用です。

これは、以前にも紹介させて頂いたモデルの2ndとなります。
試合では、1stを着用する機会が多いようです。

コスタンソ選手ですが、どうやらリーガのアラベスに移籍の
ようです。新天地でも頑張ってほしいですね。


 

!おひとり、おひとつのクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

posted by pndwithb at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リバープレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

02-03シャルケ04(A)ウィルモッツ選手(ベルギー代表)支給品

今回は02-03シャルケ04(A)ウィルモッツ(ベルギー代表)選手支給品です。

このウィルモッツ選手につきましては、2002年のワールドカップにて
日本代表と対戦した際に、先制点を決めた選手としてご記憶の方も
多いかと思います。こちらから当時の試合を振り返ることが可能です。

ウィルモッツ選手はベルギー代表のキャプテン、そしてシャルケ04で
選手兼監督を務めた後、現在は政界に転身したようです。
ソースは こちらです。
サッカー選手としましては、かなり異色な存在です。

ユニホーム的には白をベースにブルーの配色が冴える、好配色です。

 

!おひとり、おひとつのクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

posted by pndwithb at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シャルケ04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

03-04ヘルタ・ベルリン(H)アルネ・フリードリッヒ選手(ドイツ代表)実使用

今回は
03-04ヘルタ・ベルリン(H)アルネ・ フリードリッヒ選手(ドイツ代表)
実使用です。
クラブ公式サイトはここですが、音声に注意!です。

現在、ドイツ代表のメンバーとしても活躍するフリードリッヒ選手
着用したユニホームです。2004年のアジアツアー及び
2005コンフェデにも参加していましたのでご存知の方も
多いと思います。

名前の如くベルリンが本拠地のこのクラブには、「赤毛」のブラジル人
プレイヤーのマルセリーニョ選手も所属しています。。

スポンサーはのARCORなるドイツの通信プロバイダです。
白一色のとてもシンプルなユニホーム。いい感じです。

 

!おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

posted by pndwithb at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

94PJMフューチャーズ 選手実使用トレーニング

今回は94PJMフューチャーズ 選手実使用トレーニングです。

このウェアは、ご覧の通りサガン鳥栖の前身クラブの
ものですが、はるばるウルグアイから来ました。
(里帰りですよ、本当に)

私はこのクラブについての知識が乏しいのですが
(当時 マラドーナの弟であるウーゴが所属して
いたことは覚えています)、当時のコーチか選手を
通じ入手されたものです。
※当時のウルグアイやアルゼンチンなどのコーチや
選手にお詳しい方がお見えでしたら、是非お教え
願いたいです。

今や露と消えてしまったエネーレですが、当時は
以前に紹介させて頂いたウルグアイ代表と同様に
日本では、ゴールドウィンがライセンスを所有して
いました。個人的には、好きなブランドだったのですが
今は見ることができず残念です。

このウェアには、当然意思なんてものはありませんが
日本で生まれ、ウルグアイに渡り、また日本に
帰ってこれるなんて、夢にも思わなかったでしょう。
コンディションも、大切に保管されていたようですので
全然へたれてません。10年を経てこれですから
凄いことです。

なんだか、こうしたウェアに触れますと、本当にお帰りなさい
なんて、声を掛けたくなってしまうのです。
(ちょっと、変な人ですね。今日のオレは)

 

現在、16位とランクキープです!
引き続き皆さまの厚いご声援、よろしくお願いします

!おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

追加画像も見てください。
posted by pndwithb at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする