2005年10月31日

94アルゼンチン代表(A) アメリカW杯マラドーナ着用モデル
Argentina ♯10 Maradona

今回は94アルゼンチン代表(A)♯10マラドーナです。

このユニホームは以前にも紹介させて頂きましたが
今回は、その半袖モデルになります。
マラドーナが着ていたのも、この半袖ですので
こちらの方が良いかなとも思います。

当時、マラドーナも、このアメリカ・ワールドカップにあわせ
かなりの調整をしてきたのが、嬉しかったのですが
それが、少し行き過ぎてしまったのかもしれません。

でもピークは過ぎていましたが、技術は本物であることを
改めて、思い知らされました。

この試合がワールドカップで輝いた最後かと
思うと感慨深いです。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだ続き画像があります
posted by pndwithb at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | アルゼンチン サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

02-03ウォルフスブルグ(A)クリモヴィッツ選手支給品 
Wolfsburg KLIMOWICZ match issue

今回は02-03ウォルフスブルグ(A)クリモヴィッツ選手支給品です。

ウォルフスブルグのアルゼンチン人ストライカーである
クリモヴィッツ選手に、支給されたユニホームです。

点取り屋として、活躍するクリモヴィッツ選手は
昨シーズンは7得点。さらに今期は既に7得点を
記録しており、得点王を獲得すつのも夢ではない感じです。

このクラブは、他のブンデスリーガのクラブに比べ
アルゼンチン比率が高いのが、特徴と言えます。
※リーベル=ウォルフスブルグの提携関係もありますし。
現在はダレッサンドロ、キローガなどアルゼンチン代表クラスの
選手を擁し、近時は中堅クラブとして確固たるポジション
を築きつつあります。そうした、アルゼンチン化のはしりが、
このクリモヴィッツ選手になるかと思います。

ユニホーム的には、少し赤みがかったオレンジ色と言う
他のユニホームではあまり見られないカラーリングです。
スポンサー部分も、この年代から写真プリントっぽい
ものに切り替わり、VWマークの細部も濃淡が表現されて
います(こうしたのも、あまり見られないですね)。

個人的には、ブンデスリーガ制覇、チャンピオンズリーグ出場
を強く願っています。VWがこのクラブに、かなりの資金を投入
していますし。今後もこのクラブの動向は要チェックです。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだ続き画像があります
posted by pndwithb at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォルフスブルグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

02-03ウルグアイ代表 選手支給品キルティングジャケット PUMA製
Uruguay quilting jacket for players .made by PUMA

今回は02-03ウルグアイ代表 選手支給品キルティングジャケット
 PUMA製です。

こちらのジャケットもこのレインスーツ同様、表にマーク類は
全く出ていませんがプーマ製です。
スポンサーは、御馴染み「コカコーラ」と「マスターカード」
です。「PINTOS RISSO」はウルグアイの建設関連の企業の
ようです。続き画像でご覧頂けますが、オール刺繍の豪華仕様です。
もちろん、このプーマ製のスポンサー付のジャケットは非売品です。

このジャケットは、いわゆるキルティング ジャケットに
なります。サッカー関連ウェアでは、珍しいタイプです。

※キルティングとは
二枚の布地の間に羊毛・羽毛・化繊綿などの詰め物を入れ、
刺し縫いにすること。また、そのもの。防寒用衣類や寝具類に用いる。

キルティング・ジャケットと言いますと、ラベンハム等こうした
伝統的なものが典型的で、サッカー関連ウェアに用いられることは
珍しいと思います(個人的にこうした融合は有りだと思います)。

しかし、キルティングという伝統的な雰囲気の素材を、現代のウェア
に効果的に昇華させていると思います。
デザイン的にも、とても良く出来ているのではないでしょうか。
外が黒で、中がセレステ(水色)というのも素敵です。
(これの逆はダメでしょう)
チラっと見える、セレステカラーがお洒落ですね。

機能とデザインが両立した、思わず愛でたくなるウェアです。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きの画像もご覧下さい
posted by pndwithb at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ウルグアイ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

04-05クロアチア代表 選手実使用 トレーニングトップ
Croatia training top players worn

今回は04-05クロアチア代表 選手実使用 トレーニングトップです。

こちらは以前、ご紹介させていただいたクロアチア代表ユニと
同様に、ブラジルとの親善試合の時のトレーニングトップです。
ナイキのTotal−90シリーズになります。

選手支給品ですので、「Ozujsko Pivo(クロアチアのビール)」
のスポンサーが付いています。もちろん非売品です。
※このサイトも音がうるさいので、ご注意下さい。

タイプとしましては、こちらも以前紹介させて頂いたこちら
同じタイプです。
このウェアを見ますと、造りの凝り様に嬉しくなります。
シェル部分の素材感もとても良い雰囲気(ザラザラ感がベスト)です。
また、前回は気が付かなかったのですが、背中のベンチレーション
の開閉部分には磁石が使われています。

東欧物の選手支給品の入手はとても困難ですが、こうした練習着は
ある意味ユニホームより入手困難です。ユニは試合後の交換は普通
ですが、練習着までというのは、あまりありませんので。
そうした、意味からもこのウェアのレア度は非常に高いです。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

03-04ハンブルガーSV(H) 高原選手支給品
Hamburg SV (H) Takahara match issue

今回は03-04ハンブルガーSV(H) 高原選手支給品です。

一目見て、シンプルと形容されるユニです。
胸のスポンサー ADIG(フランクフルトの投資信託会社)
はフロッキーの貼り付け、ナイキ・ロゴ及びクラブワッペン
は刺繍、背中のマーキングは極薄ラバーの圧着という仕様です。
ハンブルガーSVのこの長袖は選手支給品のみです。

このユニを見ていますと、ブンデスリーガで、孤軍奮闘する
高原選手の姿が蘇ってきます。世界有数のリーグで日本人が
活躍するというのは、素直に嬉しいです。

出場機会に恵まれなかったり、怪我に泣かされたりと
なかなか厳しい状況もありますが、望むことはただ一つ
「高原のゴールが見たい」です。
ゴールこそが、全てを解決してくれる気がしてます。

このサイトは続様の応援を励みにして賊賊されております

!1日1回のクリックが更新する元気の・になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

2006ワールドカップ南米予選 ブラジル代表×チリ代表
  スタジアム限定グッズ
Stadium limitation of World Cup preliminary Brazil vs Chile

今回は2006ワールドカップ南米予選 ブラジル代表 VS チリ代表 
会場限定グッズです。

2005年9月5日にブラジルの首都 ブラジリアで行われた
ワールドカップ南米予選ブラジル代表 VS チリ代表の
競技場内に於きまして、限定配布されたグッズです。

この試合は、5対0とブラジル代表の圧倒的な勝利に終わった
とともに、南米予選を突破し2006ワールドカップの出場を
決めた試合となりました。

Tシャツには、ブラジリアの風景イラストが描かれ
背中の首後ろには、「 Brazil vs Chile SEPTEMBRO 2005」と
その試合限定であることを示しています。

バンダナには、ブラジル代表である携帯電話会社「VIVO」と
入っています。 

チケットはもちろん、当日の試合のものです。
偽造防止の為のエンボスもされて、なかなかのものです。

ある意味メモリアルな逸品です。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだ続き画像があります
posted by pndwithb at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

05インディペンディエンテ(H)100周年 前期リーグ バージョン
Independiente Torneo Apertura viesion

 今回は05インディペンディエンテ(H)100周年 
前期リーグ・バージョンです。

以前、こちらで紹介させて頂いたユニホームと
ベースは同じですが、スポンサーが変更になりました。

胸と背中にはforjar Salud(アルゼンチンの医療施設)、
(※このHPでは大音量で歌が流れますので、音量に注意です)
両袖にはPurolator(自動車のエアフィルター・ メーカー)と
新たなスポンサーを迎えました。

チーム的には、インスアがボカへ移籍しどうかと思いましたが
現在4位とそこそこのポジションをキープしています。
そうした中で、注目なのがFWセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)
選手です。アルゼンチン・フリークの方は既にチェック済み
かと思いますが。

現在、彼は1988年6月2日生まれの17歳。
15歳でアルゼンチン・リーグにデビューし、神童の呼び声が
高い新たなるスター候補です。2005年6月のU-20ワールドユースでは
メッシらと共に出場しております。

このまま順調に行けば、数年後には、海外に出て行くこと
になると思いますので、今から覚えておいて頂いても
よろしいかと思います。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | インディペンディエンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

05コリンチャンス(H) テベス実使用 直筆サイン付
Corinthians Tevez match worn

今回は05コリンチャンス(H) テベス実使用 直筆サイン付です。

このユニホームは2005年8月6日の国内リーグ・サンカエターノ戦試合
で彼が着たユニホームです。

テベスが「ブラジルのチェルシー」と揶揄されるコリンチャンスに
加入したのは、2005年の1月。以来、ユニのスポンサー・スペースは
「白紙」状態でしたが、8月よりSUMSUNGが鎮座することとなりました。
本家チェルシーとスポンサーまで同じという状況には、何らしかの
力学が働いたかも?と勘ぐりたくなる状況です。
真っ白のユニホームも見慣れてくると、良い物だと思っていましたが
唐突なスポンサー付に、少々戸惑いがあります。

思えば、ボカからドタバタの移籍劇だったのですが、ここコリンチャンス
でも居場所を見つけたような気がします。出来れば、直接ヨーロッパへ
行って、CLあたりで活躍して欲しかったのですが、南米で暫く留まる
というのは、結果的には良かったのかもしれません。

背番号の上には「CARLITOS(カルロスちゃん)」なる愛称のままなのは
ボカ時代から変わっていません。でもそろそろまた「TEVEZ」でいいん
じゃないのとも思います(代表では「TEVEZ」ですが)。

代表でも、若手1・マラドーナ2世の名を欲しいままにしていた彼も
今度は、18歳の「メッシ」が出現ですからもう一段の覚醒が必要かも
しれません。その場が、ワールドカップであったら嬉しいのですが。
でも、その可能性は大でしょう。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

01-02ウルグアイ代表 選手支給品レインスーツ PUMA製
Uruguay rain suit for players .made by PUMA

今回は01-02ウルグアイ代表 選手支給品レインスーツです。

当時、選手が実際に着用していたウェアです。

この頃のウルグアイ代表はウェアのサプライヤーが交錯して
いました。Tenfield主導にL-sportであったり、ご覧の通りの
PUMAだったりという感じです。ですが、PUMA物の場合は
契約の関係で、ロゴが前に出ていないという、珍しい状況
になってしまいました。
※当時の丸首ユニホームも選手支給品の一部はPUMAが
供給していました。
そんな感じでもありますので、スポンサー付のこのウェアは
市販されていません。

ご覧のレインスーツはご覧の通りのセレステ・カラー。
何ともウルグアイらしいです。
スポンサー関係、協会マークは全て刺繍で入っています。
裏にはメッシュ生地が貼られ、所々にベンチレーションも
備わり、機能性も考慮されたウェアです。この辺りはPUMA製
らしく抜かりがありません。

裾も短めで、軽快な感じが良い感じです。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

02-03パルチザンベオグラード(H)ラダコヴィッチ選手実使用
(セルビア・モンテネグロ代表)Partizan Belgrade Radakovic match worn

今回は02-03パルチザンベオグラード(H)ラダコヴィッチ選手実使用です。

このユニホームは、ラダコヴィッチ選手(セルビア・モンテネグロ代表)
が2002年8月14日のバイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズリーグの
一戦で実際に着用したものです。こちらもご参照ください。

パルチザンのGKシャツ及びスポンサー付きの市販はございません。
東欧系の選手実使用は、日本ではなかなかレアかです。

このGKユニですが、つきものである肘パットが入っておらず
とてもシンプルです。
フィールドプレーヤー向けのユニと似た雰囲気です。
(最近のGKジャージはごつかったりしますが)

このユニの特徴でもありますが、マーキング類がいかにも選手支給品の
感じです。少し厚塗りのスポンサー部分・ラバーを染み込ませた感じの
背番号とネームなどは、いかにもです。

また、うぐいす色っぽいグレーから黒へのグラデーションは
とても美しいです(画像では普通のグレーですが)。

機能より見た目を重視したようなGKユニですが、こうゆうのも
あっても良いかと思います。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きの画像もご覧下さい

2005年10月20日

04-05ブラジル代表 選手支給品 ウォームジャケット
Brazil for players warm Jacket

こちらのジャケットも、ナイキのTotal90シリーズの系譜を
引いたものになります。
実際の色はグリーンがかったグレー?という絶妙な
カラーリングです。ポイントは右側首元からサイドへ
そして、右腕の伸びるイエローのラインで、ここで、
左右非対称を演出しています。

恐らく、チラっとしか見えない首元や裾のイエローも
オシャレです(でも続きをご覧頂くと凄いことになってる
ことがご理解頂けます)。

中綿もございますので、この画像でご覧頂く以上に
大きいのですが、無駄なモコモコ感はありません。
また軽いので、着ていて肩がこる事も無いでしょう。

このジャケットは、丈の長さがまた絶妙なんです。
通常、この手のジャケットはモモやお尻が隠れる程
の長さだったりするのですが、こちらはお尻が半分
隠れる程度と、バランスが良いと思います。
(この辺は個人差がありそうですが)

もちろん、目が行く背中のスポンサー部分も
良い感じで仕上がってます。※これも続きでご覧下さい。
もちろん、スポンサー付は選手支給用のみで
市販はされていません。また、生産量の絶対数も少ないです。

眺めて満足・着て満足・所有して満足のウェアです。


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

続きもご覧下さい
posted by pndwithb at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

04-05ブラジル代表♯9ロビーニョ選手支給品(2006W杯南米予選)
Brazil Robinho 

今回は04-05ブラジル代表♯9ロビーニョ選手支給品です。

以前、こちらでカカ選手のユニホームを紹介させて
頂きましたが、こちらは同モデルの半袖になります。

このユニホームも2004年2月に登場してから早1年8ヶ月と
間もなくモデルチェンジの時期を迎えつつあります。

前モデルはadidasと同様にダブルレイヤーを採用して
いましたが、このモデルより方向性を一転し、シングルレイヤー
とし、軽さを求めたユニホームとなりました。

コレクター的には、自分もそうですがダブルレイヤーの方が
好きな方が多いと思いますが、あまりにも重く、本当に快適か?と
思わせるものでした。特に長袖は、adidasと異なり袖口まで
ダブルレイヤーでしたので。

こちらは、余分なものは一切省くというべき究極の軽さを
求めたからでしょう、縫製の糸の使用は最小限、刺繍糸すら
使わず、マーク類はプラスティクの貼り付けという仕様です。
脇部分が立体裁断であるのは、もちろんのこと、箇所により
仕様する生地を何種類も使い分けるなど、かなりの拘りを
見せるユニホームとなりました。

あと少しで、2006ワールドカップに向けてのユニホームが
発表になると思いますが、またどんなテクノロジーを
見せてくれるのか楽しみです。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

05ブラジル代表 選手支給品ポロ VIVO付
Brazil for players polo

今回は05ブラジル代表 選手支給品ポロ VIVO付きです。

このポロシャツは、ブラジル代表の選手達が記者会見や
移動時に着用しているものです。かなり頻繁に着用
されています。
もちろん、このスポンサー付のポロシャツは市販されて
いません。

スポンサー等につきましては、こちらにも説明がございます。

一見すると普通のポロシャツですが、裏を返しますと
判りますように、左サイドは別布があてられ、その部分が
「遊び」になっており、なかなか凝った造りです。

このポロも、最近のナイキのTotal-90シリーズの流れ
なのですが、このシリーズは左右非対称であったり、
見えない部分が凝っていたりと、機能もさることながら
デザイン性にも優れていると思います。

これを着れば、ブラジル代表の一員になった気分に
浸れる逸品です。

現在、こちらのポロをヤフオクに出品しておりますので
よろしければ、ご覧下さい。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ブラジル代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

1996ヴェルディ川崎 ♯14選手実使用
Verdy Kawasaki players match worn

今回は1996ヴェルディ川崎 ♯14選手実使用です。

このユニを見ますと、ある種のノスタルジーを感じます。

自分の記憶の中で、Jのユニホームで印象に残るのは
エスパルスの世界地図ユニと双璧をなしてます。

右胸のミズノ・ロゴから放射状に放たれる光の矢のごとくの
グリーンは今見ても異彩を放っています。
こうしたデザインを支える生地、染色技術、縫製というレベル
が高い次元で支えているからこそ可能にしたと思います。
※実物を見ますと、かなりしっかりしたユニホームで少々驚きです。

一見して、高コストなユニホームですので、今後こうした
ユニホームが出てくる可能性は低いのかなと思うと残念です。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

2003ウルグアイ代表 選手実使用トレーニング
Uruguay player worn training wear

 今回は 2003ウルグアイ代表 選手実使用トレーニング です。

この頃のウルグアイ代表のウェアは、Puma やTenfield ,
その絡みでL-sportoと、様々なメーカーが供給しています。
(現在はuhlsportで統一)

今回のものは、L-sporto製になります。
胸と背中の「URUGUAY」「Coca-cola」はペイント(ペンキで書いたような)、
肩と腹・背中の「PILSEN」「BANCO COMERCIAL」は布にペイントした物を
縫い付けてあります。
全体的にハンドメイド感が漂っており、いかにも選手支給品という
雰囲気を醸し出しています。大手メーカー系のそれには無い、「味」
ある一着です。

 生地はポリエステル。画像では、判り難いのですが、小さく
「TK」というロゴが織り込まれた、かつてはよく見られた仕様です。

襟のタグには、
「PROMOTIONAL SAMPLE ONLY NOT FOR RESALE VALUE」
と、非売品であることも記されています。
いずれにしましても、L-sporto製のウルグアイ代表のトレーニングは
全く市販されていませんので、とてもレアな逸品であることに
変わりはありません。

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

★新たにリンクさせて頂いたサイトのご紹介

今回は、新たにリンクさせて頂いたサイトをご紹介
させて頂きます。

素晴らしいコレクションを紹介されている
      「match-shirt collection」さん です。

レアルマドリード・バルセロナ・ACミラン・アヤックス・
ドイツ代表等の選手実使用・選手支給品という、
とてもレアなユニホームの数々です。
レアル・アヤックス関係は恐らく、日本でも有数の
コレクションかと思います。

これらのコレクションを収集されるには
資本力もそうですが、ユニホームへの「情熱」なくしては
なりえません。このサイトは、そんな情熱がいっぱいのサイトです。

このサイトをご覧頂いている皆様でしたら、楽しんで
頂けること請け合いです。是非、ご覧下さい。

※リンク大歓迎!です。
リンクOKな方は、pndwithb@yahoo.co.jp までご一報下さいませ。
もちろん、コメント欄からでもOKです。

※The link is a very welcome.if you have Home Page
Please inform pndwithb@yahoo.co.jp ,if  you acknowledge it.
 Of course,From comment column to OK

 


このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

posted by pndwithb at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05ウルグアイ代表(H) マルチサイン付
Uruguay multi signature

★永久保存版!!
レコバの得点シーンはこちらをクリック!!

 

今回は2005年9月4日に行われた、コロンビアとの南米予選の
代表召集の際、代表メンバーのサイン付ユニホームです。
前日練習の際に、友人が入手したものです。
モデルは、05ウルグアイ代表(H)になります。

以下の通りレコバ・フォルラン等ほぼ全員の選手のサイン
がされています。

Estoyanoff
Marcelo Sosa
Vicente Sanchez
Pablo Garcia
Paolo Montero
"Chengue" Morales
(Coach) Jorge Fossatti
Diego Lopez
Diego Forlan
Javier Delgado
Martin Parodi
Diego Perez
Gustavo Varela
Richard Nunez
Sorondo
Marcelo Zalayeta
Fabian Carini
Josemir Lujambio
Alvaro Recoba


ワールドカップの南米予選も全日程を終えた訳ですが、ようやく
ウルグアイも出場へ希望をつなぐ、5位のポジションを獲得することが
できました。しかも、最後に決めたのは、やっぱり「レコバ」だった
というのが、嬉しいです。

実際、ワールドカップ出場は半ばあきらめムード(これはウルグアイ国内
でも)だっただけに、この5位というのは本当に希望の灯がともったと
言えます。

もちろん、11月に行われる、オーストラリアとのプレーオフとの
試合で勝利しなければ、今回のポジションも無になってしまうのですが
それでも、良いムードでいけるのではないでしょうか。
殆どのウルグアイ代表選手がヨーロッパのクラブに所属していますので
長距離移動に伴うコンディションが心配ですが、何とか乗り越えて
欲しいもんです。

やっぱり、この国がワールドカップが出ないことには ということで
来月のプレーオフは目が離せません。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

個別サインはこちらからどうぞ
posted by pndwithb at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ウルグアイ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

02-03エバートン(H)♯18ウェイン・ルーニー
Everton ♯18Wayne Rooney

今回は02-03エバートン(H)♯18ウェイン・ルーニーです。

今や、イングランド代表のみならず、世界的に見ても押しも押されぬ
ストライカーに成長した ウェイン・ルーニーがデビューシーズンに
着用していたユニホームです。

当時16歳のルーニーがデビューしたのは、2002年10月19日、アーセナル
との一戦。その試合でゴールを決めかなり衝撃的なデビューを
飾ったからでしょうか、瞬く間にこのユニホームが売り切れに
なってしまいました。本当は長袖も欲しかったのですが、
全く見つけることは出来ませんでした。

袖にはプレミアリーグ・パッチはもちろんのこと、右袖には
「TOP FLIGHT FOOTBALL 100 YEARS」パッチも付いています。
このパッチですが、確かエバートンがトップリーグ(今で言う
プレミアリーグ?)に留まって 100周年という意味合いで
つけられました。何やら無理やりっぽいですが、こうゆうのは
嫌いではありません。

スポンサーは科健(KEJIAN)という、 中国の電器メーカーが
つき話題になりました。何せ、プレミアのクラブに漢字のロゴ
が入るのですから違和感もありました。
でも、このアンバランス感も、このユニホームの味として満足してます。

当時も衝撃的でしたが、今もこうして順調に成長している彼の
姿を見るに付け、とても嬉しく思います。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

2004サンパウロFC(H)ルイス・ファビアーノ(ブラジル代表)選手支給品
Sao Paulo Luis Fabiano match issue

Sao Paulo Luis Fabiano1.jpg

今回は
2004サンパウロFC(H)ルイス・ファビアーノ(ブラジル代表)選手支給品
です。

ルイス・ファビアーノ選手がサンパウロFC所属時代にリベルタドーレス杯の
試合に向けて支給されましたが、使用されなかったユニホームです。

ルイス・ファビアーノ選手はポルトFC時代にはトヨタカップに出場し、
ブラジル代表にも選出さるれるなど、ブラジル屈指のストライカーとして
ご存知の方も多いかと思います。

今期からは、 サビオラも移籍したスペインのセビーニャでプレー
しています。

ブラジルの名門サンパウロFCのユニホームにつきましては、以前にも
紹介させて頂きましたが、ベースとなるカラーリングは変わらず、
伝統的なデザインです。

スポンサーは日本でも御馴染みの「LG」とアラブ料理ファストフード店の
「HABIB’S」です。 このお店、日本にあったら、受けるかも?

個人的には、このカラーリングが私のブラジルクラブのユニの最も
象徴的であり、好みです。
※ですのでフラメンゴもホームよりアウェイの方が好きです。

デザインの統一感、ユニホームの品質等、とても完成度が高いです。

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだまだ画像がございます
posted by pndwithb at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

04-05バイエルンミュンヘン(CL)バラック選手支給品
Bayern CL Ballack match issue

今回は04-05バイエルンミュンヘン(CL)バラック選手支給品
です。

こちらは、バラック選手に準備されたユニホームです。
バラック選手は、まさにドイツの至宝であり、世界的にも
有数な選手の一人です。

このユニホーム自体は、以前こちらで紹介させて頂いたモデルの
半袖になります。CL用に向けて企画されたモデルで、黒に赤という
非常に締まった印象のあるデザインです。

この選手支給品のダブルレイヤーモデルは市販されて
おらず、満足感は高いです。

更にバラック選手ですので、非の打ち所がないです。

※お詫び
昨日、Te2さんからコメントを頂いたのですが、こちらの管理ページに反映されず
消失してしまったようです。 コメントを頂いたのは
シーサー側からメールが来ましたので、存じ上げております。
その時間帯に、シーサー側にてサーバーメンテナンスを行って
いましたので、それが要因で消失したのかと考えられます。

折角コメントしていただいたのに、申し訳ございませんでした
お許し下さい

 

このサイトは皆様の応援を励みにして運営されております

!1日1回のクリックが更新する元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

 

まだ続き画像があります
posted by pndwithb at 20:14| Comment(6) | TrackBack(0) | バイエルンミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする