2005年09月02日

1995ウルグアイ代表(H)選手支給品?

今回は1995ウルグアイ代表(H)選手支給品?です。

このサイトのタイトルは、このウルグアイのユニホームの
カラー「セレステ(水色)」をイメージしてます。

このユニホームはウルグアイの友人を通じ入手しました。
(日本→ウルグアイ→日本と地球を1周してますね)

このユニホームは、日本のゴールドウィンがエネーレのライセンスを受け、
日本で製造されました。
当時、現地では、この日本製のユニホームは販売されていないとの
ことです。これも当時の関係者絡みで入手しています。
ということで、選手支給品か否かは不明なのです。
いずれにしても、このウルグアイ代表の長袖は、かなりレアだと思います。

生地・縫製も、日本製だけあって文句の付けようもありません。

ストライプ状の織込みが美しいです。右腕の模様も、現在のユニホームに
見られない仕様であり、レトロな雰囲気を醸し出してます。


 

引き続きご声援、よろしくお願いします

!おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。

人気blogランキング


ありがとうございます。(^_^.)

ついでにブログランキングも見てみましょう♪

100%自分カスタマイズのオーダーシューズ。NIKEiD

 

posted by pndwithb at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ウルグアイ サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは当時誰が着たのかな?と思ったときにユニフォームと当時の選手の着用番号がわかる名鑑があると便利だろうなってつくづく思います。

ちなみにこの時もレコバは20なんですか?
Posted by yeste at 2005年11月16日 22:54
&yesteさん
代表では 、一部の有名選手を除き着用番号が変るので、特定が難しいですね。
クラブの場合は左サイドバーにあります、
「欧州クラブサッカー解体新書1995~2005」が便利
です。恐らく、同シリーズの
「世界73カ国代表サッカー解体新書 1978~2005」は
同じような内容だと思います。
本屋さんで、一度チェックしてみてください。

当時のレコバの番号はわかりませんが、彼も10番
→20番 現在は9番と、いろいろな番号をつけて
いますね。
Posted by pndwithb at 2005年11月17日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック